保育園で行った連合町会の行事にお邪魔しました

高砂地区連合町会の行事が保育園で行われることになり、町会の人に混ざって園児も参加させてもらいました。

町会の人達は、民謡の踊りを披露していました。普段あまり耳にすることのない日本のリズム・旋律に子ども達から自然と手拍子が出ました。それも1歳の子ども達から…ビックリです。私達の中には連綿と受け継いだ日本人のDNAが流れているんですね。行事に参加させてもらったお礼に子ども達は、バルーンや踊りを披露して拍手をもらいました。

お兄さんお姉さんがやってきたよ!

保育園では毎年、東翔高校のブラスバンド部と交流しています。保育園のすぐ近くにある東翔高校はお散歩でも馴染みの学校です。

今年も、楽しい曲をいっぱい演奏してくれました。地域の方にも一緒に楽しみました。アンコールに「恋ダンス」を演奏してくれたので子ども達も大喜び。お返しにさくらさんがバルーンを演技してみせ、それから全員一緒に「妖怪村の夏祭り」を踊って楽しみました。

子育てセミナーがありました

6時から「相手は自分」というテーマで札幌こども専門学校の講師 高橋宏輝氏の講演会がありました。

親と子で協力して時間内に「はり絵」を作り上げたり、目隠しした大人が誘導してくれる子どもの声を頼りに目標の所へ行くリレーなど楽しみながら、子育ての時の心の持ち方を教えてもらいました。

フォレスト鉱山自然体験

さくらさんが登別にあるフォレスト鉱山に行ってきました。

そこはNPOが運営するネイチャーセンターです。山の中でもちろん「自然の懐に抱かれる」という感じの所です。広い敷地を探検したり、センターの人が持っているのと同じ葉っぱを探すゲームをしたり、ウオータースライダーをしたり、泥んこになって楽しんできました。

交通安全のぬりえをいただきました

警察官立ち合いの不審者の避難訓練を終えた後に交流のある高砂連合町会の方々から交通安全や防犯のことを描いたぬりえが贈呈されました。

警察官に教えてもらった「イカのおすし」

イカ→行かない   →乗らない   →大声で叫ぶ

 →直ぐに逃げる   →知らせる

の絵もあって、神妙な顔で受け取った子ども達でした。

ろう学校に遊びに行きました

いつもは保育園にあそびに来てくれるろう学校のお友だち。今日はバスに乗ってろう学校へ行ってきました。長い廊下があって体育館や教室があって、いつも、お友だちがお勉強したりあそんだりしているお部屋がありました。 めずらしいおもちゃも沢山あってお友だちと一緒に遊んできました。広い体育館でしっぽ取りゲームをして走り回り、み~んなで汗だくになった子ども達です。

オパールのお年寄りとの交流

ほくと保育園では毎年ケアハウス・オパール八丁と交流しています。毎年参加される方もいます。今年は百歳を過ぎたおばあちゃんが来てくれました。

はじめにお名前を教えてもらって、年長さんがバルーンを発表した後、ままごとをしたり、あや取りをしたり、赤ちゃんと遊んだり、ケン玉をしたり思い思いに楽しみました。子ども達にしたら、自分のおばあちゃんよりもっとお年寄りの方々です。おばあちゃん達と子ども達の笑顔を見たら年の差は関係ないなと感じました。

みずあそび

「おてんきだ!」朝からワクワクしながら登園する子ども達。北海道の夏はみじかいから大急ぎで遊ばなくちゃ!

ビオトープ

イタンキ浜にあるビオトープに行ってきました。あいにくの曇り空で少し肌寒かったですが、すくい網を持った子達は水の中の生き物を探そうと積極的に行動!濡れてしまったらさらに大胆になる子達もいました。捕まえた生き物を水槽に入れて観察しました。

七夕地域交流

七夕です。今日は織り姫と彦星はあえるかな?作りためた笹飾りを持って保育園の迎えに住んでいる方や、地域の方を訪門しました。

みなさん子ども達の訪問を楽しみにして玄関先で待っていてくれたりします。その心遣いとっても嬉しいですね。 保育園のお隣さんの看護学校に行ったら、学生さんが笑顔で待っていてくれました。大歓迎されて子ども達も嬉しそうでした。